カラーフィールド・クレデュプレ・ダブルデイ・アドレス 求人サイト

OUR LABELS

ダブルデイ

TOP > ブランドについて知る > ダブルデイ

ダブルデイ


ダブルデイ

ダブルデイでは、普段の生活で気兼ねなく使える、でも、センスを感じさせるものを取り扱っています。
日々のくらしにちょっとした喜びを加えられるような、“1日を2倍楽しむヒント”をお客さまに提供する仕事です。

私たちと一緒に、ダブルデイで働く方を募集いたします。

STAFF INTERVIEW

私たちの働き方


少しずつ積み上げた経験が自信になりました

ダブルデイ店舗スタッフ(正社員)

最初はただの“つなぎ”だったアルバイト

前職は個人プレーが中心で、デスクワークの多い仕事でした。もっと人と関わる仕事がしたいと思って、転職を決意しました。前職を辞めてから、本気で就職活動を始めるまでのいわば“つなぎ”のアルバイトを、と思って入ったのがダブルデイのお店。お店の雰囲気が気に入って、家具の販売など専門学校で学んだ知識も活かせると思い、応募したのがきっかけです。ただのつなぎと思っていたのに、仕事を夢中で覚えていくうちにいつの間にか3年も経ってしまいました(笑)。
もともと家具の接客に興味があって入社したこともあり、特に興味が無かったキッチン雑貨の担当になった時にはとまどいました。でも、やっていくうちにだんだん商品が好きになり、知識が増えるにつれて接客や売場づくりが楽しくなっていきました。なかでも接客は終わりなきテーマ、だと思っているので、尊敬する先輩に追いつけ追い越せで毎日頑張っています。

憧れの先輩を追いかけて

アルバイトからスタートしましたが社員登用試験にチャレンジして、正社員になることができました。社員登用試験はずっと目指していたわけではなく、受験するかどうか、ぎりぎりまでかなり迷いました。でも、憧れの先輩が登用試験に合格したと聞き、先輩を追いかけたい、という一心で覚悟を決めました。先輩に比べると責任感や面倒見の良さなどまだまだなのですが、私が先輩を慕っていたように、自分でも私を慕ってくれる後輩をつくるのが、私の夢です。また、何でも「●●さんに任せよう」と言ってもらえるように、これまで担当したことのない分野にもチャレンジしていきたいです。
失敗ばかりで迷惑をかけ落ち込んだこともありましたが、少しずつ経験を積み上げたことで最近やっと自信が持てるようになりました。周りからも、明るくなったね、しっかりしたねと言われることが嬉しいです。

1日のスケジュール

1日のスケジュール

自分たちが店を創り、動かしていく独特の面白さ

ダブルデイ店舗スタッフ(契約社員)

もう一度販売の仕事を

9年間アパレルでの販売職を経験し、しばらく別の会社の事務職として働いていましたが、販売の仕事への熱意がまた高まってきて、2度目の転職を決意しました。販売の仕事は、事務の仕事とは違って、お客さまとの会話や好きな物に触れられるなど、「現場」ならではの業務の中で、毎日少しずつ違うことが起こるのが魅力だと思います。事務の仕事が嫌いだったわけではありませんが、顔を合わせる人がずっと同じだったりするので、どうしても世界が狭くなる気がしていました。それに、自分たちで商品を並べて、自分たちが店を創り、それを動かしていっている…という感覚には、やはり独特の面白さがあると思います。

ダブルデイで働いてみて

阪急スタイルレーベルズに入社してまだ1年未満ですが、元々販売職だったので、店舗での業務に大きなギャップを感じることはありませんでした。ただ最初は、小さな商品を扱ったり、種類が多かったりと、アパレルに比べると細かい作業が多いんだなぁ…という印象は受けました。当初は違いにとまどう部分もありましたが、入社後何ヶ月かして担当ジャンルが決まって、そのジャンルの商品の動きをしっかりみることや、一連の流れを考えられるようになったことで、仕事の進め方がスムーズになったと我ながら感じています(笑)。 家具の販売はダブルデイに入社したらやってみたかったことのひとつですが、いざとなると、やはり難しい点もたくさんあります。洋服と違って家具は試せませんから(笑)、接客時に使用感が具体的にお伝えできなかったり、配送時の搬入経路が把握できておらずご迷惑をお掛けしそうになったりと、色々と勝手が違う部分があります。ですが、家具を購入されたお客さまのことは、やはり印象に残るのか、再来店の際に親しく声をかけていただいたり、購入された家具に合いそうな商品をおすすめできたりと、やりがいを感じることも多いです。

1日のスケジュール

1日のスケジュール

応募する

pagetop