カラーフィールド・クレデュプレ・ダブルデイ・アドレス 求人サイト

OUR LABELS

アドレス

TOP > ブランドについて知る > アドレス

アドレス


アドレス

アドレスが提案するのは、アクティブに活動する女性のオンタイムとオフタイム、それぞれに「自分らしさ」を表現できるアイテム。
お客さまが求める「自分らしい何か」を、見つけるためのお手伝いをする仕事です。

私たちと一緒に、アドレスで働く方を募集いたします。

STAFF INTERVIEW

私たちの働き方


「可愛く」お店をつくるにはどうするか?

アドレス店舗スタッフ(正社員)

ブランドをつくっていくこと

アドレスに異動してからは、まだ1年経っていません。それまでは、カラーフィールドで働いていました。カラーフィールドとアドレスは、似ているようで似ていない(笑)ので、最初はちょっととまどいましたが、徐々に、「そういえば元々服飾雑貨が好きだったな」と、自分でも思い出すことに…。今は、好きなファッションアイテムに囲まれて、どうやって「可愛く」お店をつくるかを考えることが楽しいです。
売場づくりには、これが正解、という答えがありませんし、人それぞれに意見や好みがあるので、いつも迷いながらやっています。アドレスは、ダブルデイやカラーフィールドと比べてもまだ若いブランドで、最近になってロゴやショップイメージを変えました。なので、新しいアドレスらしい商品をどう打ち出すかや季節感の演出を常に意識するようにしています。アドレスらしさを考えるという作業を通じて、まだ新しいブランドを自分たちで育ていくような気持ちで取り組んでいます。

スタッフの成長を自分のやりがいに

アルバイトとして働いていた頃は、単純に取り扱う商品について自分自身の知識を深めることや、その知識をお客さまに接客という形で「提供する」ことが楽しくて、もっとやりたいと思っていました。ですがその後、本部でバイヤーアシスタントを経験し、店長として働き出したことで意識は少し変わってきました。今は何よりも店長としての自分がいるので、自分がどうするかよりも、スタッフにどうしてもらうかを考えることが第一になっています。そうやってスタッフに任せて陳列した商品が売れた時に、こちらが何も尋ねていないのにそのスタッフが「売れました!」と自分からうれしそうに報告してくれた時には、責任とやりがいを感じてくれているのかな、と、私自身がとてもうれしくなりました。
私自身のこととしては、店長として売場づくりで苦労したり、楽しさを感じたりしている中で、「商品を選ぶ」ということへの関心が強くなってきています。いずれは、お客さまの声を反映した商品をセレクトできるバイヤーを目指す…?ことも、考えたりしています(笑)。

1日のスケジュール

自分が組み合せた「ギフトセット」が売れる喜び

アドレス店舗スタッフ(アルバイト)

選ぶセンス。はじめてのギフトセット作りを

私が阪急スタイルレーベルズの求人に応募したのは、販売の仕事に興味があり、雑貨が好きだから、という理由だけでした。ショッピングをしていて立ち寄ったお店で、「こんなお店で働きたい」と思い、アルバイト募集に応募しました。
アドレスでは、お客様ご本人が使うためだけではなく、ギフトでのご購入も多いので、ラッピング方法はアドレスに入って最初に教えてもらったことのひとつでした。それから少しずつ、お客さまが選ばれた物をその場でラッピングするだけではなく、自分で商品を組み合わせて「ギフトセット」を作ることにも挑戦していきました。
どんなお客さまが来られているのか、どういう目的で、どのぐらいのご予算なのか…をイメージしながら、自分なりのセンスで商品を選び、可愛くラッピングした物を店頭に並べて販売します。それをご購入いただけると、他の物が売れるよりもやっぱりうれしくなります。

大好きなのは、雑貨やアクセサリーのディスプレイ

雑貨屋で働くのは初めてで、売場に商品を陳列することも経験が無かったため、最初はどうしたら良いのかまったく判らず、すごく戸惑いました。でもある時、ショッピングセンター主催のディスプレイ講習会に参加して、コツがつかめるようになりました。そうはいっても、経験が浅いので、思っていることをそのままやってみてもうまくいかないことも多く、色々試したりやり直したりと試行錯誤の日々でしたが、売場づくりの度に店長やマネージャーからもアドバイスを受けながら、少しずつ成長していく自分が実感できました。今では商品を陳列するのが楽しくなりました!

1日のスケジュール


応募する

pagetop